土地の値段は、どこまで下がる?

最新情報

当サイトの更新情報はRSSフィードでも配信しています。

偏差値

かつて、私の卒業した大学の偏差値が相当下がったという話を聞いた。

私が通学していた当時より、偏差値で言うと5から学部にもよるのであ るが、酷い場合は8くらい下がっているのだ。理由を調べてみると、驚くことに、付属高校の連中が偏差値を押し下げているらしい。私が通学していた時には、 付属高校なんてものはなかった。卒業の後、数年してから出来たのである。経緯としては、まず放漫経営で赤字になった私立高校があった。


そ の高校が赤字経営で立ち行かない状態になった時に、多額の貸し付けのある銀行が無理やり私の母校の大学に引き取らせたらしい。理事長が放漫経営するような 高校であるから生徒も馬鹿である。その高校が赤字経営になった理由は少子化による生徒数の減少ではなく、良くある話であるが、バブル期に土地取引に手を出 して、差損を出して、どうにもならなくなったのが理由だという。不動産取引の赤字のツケは、結局、大学の生徒の授業料から支払われることになったのだ。


事情を知るとアホみたいな話である。結局、授業料を支払う父兄の財布から、その高校の赤字は補填されたのである。

こんなことなら大学受験の際に、もっと慎重に考えるべきであった。

放送大学 願書

2015年4月 4日|

カテゴリー:blog

便秘

昨日、会社の健康診断で胃の検査を受診した。朝から何も食べない状態でバリウムを飲んだ。検診のあと下剤を渡された。二錠、渡された。通常は四錠を飲むのであるが、今回は二錠だけである。そのためであろうか、どうにもバリウムの排泄が悪い。帰宅してから青汁を飲んだのであるが下腹部が張ったままであった。仕方ないのでそのまま寝た。今朝は無事何事もなく排泄出来た。生きてて良かったと思った。

私は、今回当てはまらなかったのであるが妊娠中の人はレントゲン、それからバリウム検査は受ける必要がない。

妊娠中の女性の便秘は、酷いらしいですね。

2015年3月29日|

カテゴリー:健康

服装

会社の制服のボタンが外れていた。既婚者なら嫁に縫ってもらうのかもしれないが私には嫁はいない。

つまり独身である。かれこれ何年、経つかは知らないが、これが当然となっている。

服のことで思い出したのだが、いつぞや参加した街コンである。

街コン 服装


もう少し、ましな衣装を着ていけばよかった。それにしても最近は婚活すらやる気が起きない。

身体の色々な場所が鈍い痛みを感じる。

最近は左半身が痛い。慣れない職場である。思えばかつてのパートナーと別れて何年が経つであろう。

私も、あの独身の叔父のようになるのであろうか。

独り寂しく死んでいくのであろうか?

結婚式だけでなく葬式にも誰にも来てもらえないのではないか。

死後、3カ月後に白骨化腐乱死体でアパートで発見されるのか。

2015年3月29日|

カテゴリー:blog

仕事

彼が亡くなって数年、経つという。どうも、未だに私には信じられない。
凶弾に斃れた多くの英雄がそうであったように彼も、またそうであったというのであろうか。
きっと、そうなのだろう。しかしながら、彼の不可解な死亡と、そのあとの裁判、そしてマスメディアの対応を見る限り、そうなのであろう。
彼の魂よ,安らかなれ。彼の家族に平安あれ。

ちなみに彼の長年のライバルであった男は口を噤んで何も言おうとしない。私の知る限り。

彼は彼の仕事をする。

俺は俺の仕事をする。

神が与えた仕事を。

仕事で不具合が出たという報告があった。
詳細は明日になってみないと不明だ。
何となく気になったので朴でみると凶、タロットでみると吉だった。これで良くなる、全部、良くなる。ますます良くなる。自分を許す。すべてを許す。

2015年3月29日|

カテゴリー:blog

千葉県から

職場の同僚が釣りに行って来たというのである。

彼は千葉県から転勤で、この春から異動になった人間である。
千葉県の袖ケ浦市から、こちらに引っ越しをするときには持ち家を処分してきたのだという。

不動産は、それなりの価格で売れたらしい。

袖ケ浦市 家を売る

千葉では、船に乗ってよく釣りにいったそうである。



その彼が、船に乗ってシロギスを数匹、釣って来たというのだ。天ぷらと刺身で頂いたという。


ちなみにエサは青イソメだったそうだ。

そこで良く考えてみると、青イソメを食べた魚を食べるということは、間接的に青イソメを食べることにならないかと、彼に聞いてみるとそれを言うと畑の野菜もそうではないかというのだ。畑の野菜にかけてある肥料の原料は何だと。
今は化学肥料かもしれないが、嘗ては人間や動物の排泄物ではなかったのかと。二人で大笑いしてしまった。

2015年3月28日|

カテゴリー:blog

身内に不幸

身内に不幸があったとのことで、彼が早退して行った。彼の代わりに、私が彼の持ち場の仕事をすることになった。1週間ほど、彼は慶弔休暇を使用するらし い。母親がなくなったとのことであった。どんな人間も死ぬのである。今回の葬儀にあわせて組合で一人頭3000円徴収するとのことであった。私の親も私自 身もいつか死ぬ。果たして残りの人生はどんなものであろうか。

多くのことを捨ててきた。多くのことを諦めた。


全て私の不徳のいたすところである。

2015年3月28日|

カテゴリー:blog