blog

失敗


失敗した。写真を見て指名したはずなのに、違う名前を電話口で言ってしまったらしい。私は字が汚いから自分で書いた文字でも読めないことがある。ひらがなの名前を読み間違えたらしい。


「XXちゃんは年齢は行ってますけど、仕事はちゃんとしますよ、若くはないです」の意味を理解するべきであった。

溜まっていたので目的は果たしたのであるが、何となく損した気分である。まあ、これでしばらく行きたくなくなったので良いのかもしれないが。
使ったのは、日当、二日分に相当する金額であろうか。高速道路料金にも4000円ほど使用した。
顔を見てしまったと思ったときには遅かった。

これでカネをはらってやるのは一種の罰ゲームではないかと思ったものである。


他のスタッフはレベルが高いのであるから、最低ラインをもう少しあげてくれても良さそうなものではないか。

しばらくは行かない。馬プラセンタでも飲んで今日は寝よう。肌荒れが気になる。

わざわざ自分で車を運転していったので疲れた。

2017年1月 2日|

カテゴリー:blog

再び

それで良いじゃないか。

あの時、私は肩書ではなく裸で生きようと決めた。

あの時の覚悟を再び。


持っていた執着を捨て去る勇気を。

もう一度。

しかし、今度は何を捨てるべきか。

実は、それすらも分かっていないのではないか。

問題の定義が出来ていないだから答えが不明なのは当然だろう。

2012-05-28

2016年4月 2日|

カテゴリー:blog

大阪産業大学

久々に友人から連絡が来た。彼とは大阪で知り合った。同じ学校の人間ではないのであるが、縁は切れていない。

近々、結婚するのだという。また、一人に抜かされたことになるのであろうか。

数年前に彼はアパレル業界へ転職した。アパレル求人募集サイトからの申し込みだったという。

何でも仕事が忙しくてインターネットでしか転職活動をする時間がなかったそうである。

給料は上がったのであろうか。

ずいぶんと便利な世の中になったものである。


おそらく、彼の転職は成功だったのであろう。だからこそ、幸せな結婚に辿り着いたのであろう。おめでとうございます。

翻って私は、どうであろう。
今、思えば、失って初めて、本当の価値が解るのかもしれない。

しかしながら、過ぎ去ったことを言ってみても始まらない。覆水盆に返らずとは、よく言ったものである。何はともあれ、おめでとうございます。お幸せに、末永く。


大阪産業大学 願書

2015年11月 2日|

カテゴリー:blog

友人から

友人から聞いた話である。

彼は北京オリンピックの前に人民元を購入したそうである。大した金額ではないと彼は言っていた。6000元だそ うである。将来の値上がりを見込んで手元に置いておいたそうである。しかしながら、思ったほど値上がりしないので処分することに決めたそうだ。彼曰く資金 は自分の商売に注ぐ方が回転率が良いらしい。

人民元の両替を出来る銀行というのは、彼の地元では少ないそうである。

買った銀行に問い合わせしてみると、ゆうちょ銀行で両替可能とのこと。そこで鑑定機にかけて真贋を見極めるのだそうだ。

それで、当日のレートを計算してみると当然のことながら手数料を差し引くと赤字になる。

大した金額でもなし、結局、保有し続けることにしたそうである。彼が言うには値上がりする理由はあっても値下がりする理由はないのだと。少なくとも長期的には。

2015年11月 2日|

カテゴリー:blog

実に

実に素晴らしいです。美しい思考とはこういうことを言うのですね。次回が待ち遠しくてたまりません。
 それで、契約する時には契約書類のようなものは取り交わしていますでしょうか。 契約書を取り交わすとすればどのような内容、書式でしょうか。
 雛型のようなものがあれば見せて頂くわけにはいきませんでしょうか。

それから結果が出た後の税金の話です。 彼は現在、法人化しましたが、会社にする前は、どうしておられましたか。 白色申告ですか、青色申告でしょうか。
また税理士は、どのようにしておられますか。やはり地元の事務所でしょうか。 ちなみに知人が先月、税務調査に入られました。 

2015年9月13日|

カテゴリー:blog

まず

 まずオリジナルの文章であることが前提です。どこかの本やサイトの丸写しはNG。仮に著作権侵害で訴えられた場合、ライターさんにケツをまわすことにな ります。そのため簡単なものですが契約書に署名、捺印をしていただくことになります。(現在、東京在住なので帰省された時で構いません)化粧品やエステ 等、女性でしか経験できない分野の記事をお願いしたいのです。(私は男なので)

ちなみに、このサイト。トップページ(保湿化粧品以外) は、あの人に書いてもらいました。昨年は妊娠、出産を経験されて家から出られない状況だったとのことなのでお互いに良かったのではないでしょうか。また、 最近、広告配信会社で担当者が付くようになったのですが、その方から無料でもらった記事が、これです。

 エステサロンの体験談です。まだ仕込の段階でHTMLのみCSSも画像も入れてありません。

最終的に、こんな感じになります。神戸のサイトは、「将来的に独立した際に知人のエステサロンを一番上に掲載するために作りました。私には珍しく、運営者情報を書いてあります。

こ のような条件ですが、書けるテーマってありますかね? 無いようであればスルーしてもらって構いません。また文字単価も恐らくは1,3円程度なので量をこ なさないと、まとまった金額にはなりにくいと思われます。どちらかというと主婦の在宅ワークのような仕事だと考えてもらえれば。

2015年9月13日|

カテゴリー:blog

クレンジングを買った

タバコをやめたいと思う。正直な話、この会社の給料だけではやっていけない。

最近は残業手当も少ないので非常に厳しい。自分の商売も不調である。

それで、家計を切り詰めようと考えたとき真っ先に思い浮かぶのがタバコ銭である。大体、タバコは健康にも良くない。タバコを吸いすぎると皮膚の血行も悪くなるという話を良く聞く。

歯も黒くなる。顔も黒くなる。

血行促進の化粧品やサプリメントを買うくらいならタバコをやめたほうが早いのではないか。そう言いながらも禁煙は出来ていないのであるが。
また、エステサロンでピカピカにしてもらっても、ヤニで顔がくすめば同じことではないでしょうか。
毛穴の開きが見えるのを気にするくらいなら、そちらのほうが良いでしょう。

そんなことを言いながら、またもや鼻の角栓除去に効果があるとかのクレンジングを買ってしまった。

エステサロンに行くくらいなら、こちらの方が安上がりではないか。そう自分に言い訳しながら、また買い物をしてしまった。

2015年9月 5日|

カテゴリー:blog

残りの人生

残りの人生を楽しんで生きていくしかないのであろう。結局、目の前に起きた事象に対する捉え方、受け止め方の問題なのであろう。しばらく前に、テレビであ る不動産投資家のことを放送していた。毎月ほぼ浮浪所得として320万円くらいの金額が銀行口座に振り込まれるのだという。大家である彼は毎日特にするこ ともないのだという。それを見た司会者が言うには、こんな生活の何が良いのか。朝からゴロゴロしてブクブク太って健康に悪そうだというようなことを言っ た。司会者の男性にしたら、このような生活は耐え難いものなのであろう。逆に毎日気忙しくしている方が刺激のある生活なのであろう。

結 局、考え方は人それぞれである。世の中にはハンディキャップがあるからこそ、成功出来た人間もいるのである。もし彼が両手両足を持っていれは普通の人であ る。目の前に起きた事実は変えられない。しかし目の前の事実に対する受け止め方は、こちらの考え方一つで吉にも凶にも出来るのだろう。

部下からのパワハラ

2015年8月30日|

カテゴリー:blog

こんな私は

 あの時、私はサックスを吹きたかった。しかし、周囲の状況はそれを許さずパーカッションをやることになった。学校の寮に残るための面接試験でも落ちた。 中学生の時には剣道四級の試験にも落ちて同級生のなかでは、私一人だけ五級だった。大学の入学試験では私の成績では絶対に受からないと言われた大学に合格 した。思えば過去を振り返ってみると私は他の人間が当たり前に出来ることが出来なくて、人に笑われることが多かったような気がする。パーカッションをやっ ていた時は四分音符を合わせることが出来なくて皆の失笑の対象であった。

しかし、仲間内での評価は最低にも関わらず後輩からの評価は最高 であった。後輩たちは飲み会があると誰を差し置いても、まず真っ先に私に注ぎにきた。誰よりも派手で目立っていた。自作の商品を自分で売ったりもした。他 の人間が簡単には出来ないことは軽々やってのけた。こんな、私はいったいどういう人間なのであろう。良い方に考えれば天才肌の人間なのであろうか。

2015年8月30日|

カテゴリー:blog

明日から

明日から、また仕事である。正月休みは9日間あったはずであるが、終わってみれば、あっという間である。まあ、こんなものであろう。

多少の事は休みの間に出来たので成果はゼロではない。

最近、気になるのが、手というか指のしびれである。何の兆候か。一回、病院で診察してもらうべきであろう。

あの整体院で言うことは、どうも信用できなくなってきた。私の肩こりを治したのは整体師ではなく病院のドクターである。

あの整体師の次男が最近、非行に走っているらしい。学校で暴力事件を起こしたそうである。彼は、いわゆるポジショントークしかしない。少し距離を置くべきか。

2015年6月13日|

カテゴリー:blog