友人から

友人から

友人から聞いた話である。

彼は北京オリンピックの前に人民元を購入したそうである。大した金額ではないと彼は言っていた。6000元だそ うである。将来の値上がりを見込んで手元に置いておいたそうである。しかしながら、思ったほど値上がりしないので処分することに決めたそうだ。彼曰く資金 は自分の商売に注ぐ方が回転率が良いらしい。

人民元の両替を出来る銀行というのは、彼の地元では少ないそうである。

買った銀行に問い合わせしてみると、ゆうちょ銀行で両替可能とのこと。そこで鑑定機にかけて真贋を見極めるのだそうだ。

それで、当日のレートを計算してみると当然のことながら手数料を差し引くと赤字になる。

大した金額でもなし、結局、保有し続けることにしたそうである。彼が言うには値上がりする理由はあっても値下がりする理由はないのだと。少なくとも長期的には。

2015年11月 2日|

カテゴリー:blog