身内に不幸

身内に不幸

身内に不幸があったとのことで、彼が早退して行った。彼の代わりに、私が彼の持ち場の仕事をすることになった。1週間ほど、彼は慶弔休暇を使用するらし い。母親がなくなったとのことであった。どんな人間も死ぬのである。今回の葬儀にあわせて組合で一人頭3000円徴収するとのことであった。私の親も私自 身もいつか死ぬ。果たして残りの人生はどんなものであろうか。

多くのことを捨ててきた。多くのことを諦めた。


全て私の不徳のいたすところである。

2015年3月28日|

カテゴリー:blog